特注家具のメリットや注意点とは?初めて依頼する人が知っておきたい基本情報を解説

特注家具はたとえば限られたスペースにピッタリ置けるようにサイズを計算したり、好きな木材で製作を依頼した家具のことです。
樹齢500年の大木を輪切りして一枚板のテーブルを作ったり、硬くて頑丈な木目の詰まった素材を椅子にするなどの特別な家具を製作してもらえます。
こうした家具屋はノウハウやスキル、素材を仕入れるルートを持っていなければなりません。
特注で物を作ることはとても大変なことです。
職人の腕やその企業の力を試されることになります。

特注家具のメリットや注意点とは?初めて依頼する人が知っておきたい基本情報を解説

特注家具はコストに優れた物から、おカネに糸目を付けない物まで様々です。
特注家具を発注してから出来上がるまで数年の歳月がかかることだってあります。
例えば天才時計氏ブレゲがマリー・アントワネットに懐中時計を依頼された時には、完成まで20年以上の歳月がかかり、依頼主は断頭台の露に消えたことは歴史の1ページに詳しいです。
特注家具の基本は納期は製作次第ということになります。
信じて待つしかありません。
良い物を手に入れるということは、それだけの価値があります。

特注家具はオシャレな部屋作りの強い味方

オシャレなインテリアを目指すなら、統一感というのも重要です。
既製の家具ですと、思い通りの物が見つからないこともありますし、ある程度の妥協が求められることもあります。
その点特注家具であればデザイン、サイズ感というのもオーダー出来ますので思い通りの家具にして部屋を作っていくことも出来ます。
特注家具の方がお値段も高くなりますし、オーダー次第では出来ない場合もあります。
もし希望のイメージがあるようでしたら、いくつかで見積もりを出してもらってから決めるというのもありです。
料金も少しばらつきが出ることが想定されますし、それだけではなく職人との相性というのもあるからです。
またその会社で実際に作られている特注家具の例を見せてもらうと、イメージが伝わって理想的な家具を作ってもらえるかというのも分かります。
オシャレな所にこだわりたいのであれば、費用の安さだけではなくトータルで決めていくことが求められるでしょう。

素材やデザインにもこだわってオーダーできる特注家具

特注家具をオーダーすることの醍醐味は、好みの素材やこだわりのデザインを使って自分だけの家具が作れることにあります。
インテリアにこだわりがある人は、部屋の内装に合わせて家具を揃えたいと思う場合が多いでしょうが、市販の家具だと形は気に入っても色が気に入らないなどの問題が多く、なかなか理想に近い物が見つからないという悩みがあるのではないでしょうか。
その点、特注家具だとご自身のこだわりを職人さんに伝えてオーダーすることができるので、市販品を買うよりも費用が高くついても好みに合う家具が手に入る可能性が高いです。
例えば、木材でも様々な色や木目がありますから、テーブルを作るとしても素材の選び方次第で違った雰囲気の家具ができます。
特注家具の注文を受け付けているお店に相談すれば、お客さんの要望を元にしたデザインや仕様を提案してもらえます。
製作の流れや製作にかかる期間、費用などはお店によって異なりますが、使用したい木材の種類や希望するデザインなどを活かして家具を作ってもらうことは感動的な体験となるでしょう。
お気に入りの逸品ができれば長く使えると考えられるので、家具が好きな人が特注家具のオーダーに挑戦してみるのはおすすめです。

見た目や使い勝手も抜群の特注家具

オーダーメイドで希望を盛り込むことができる特注家具は、見た目もそうですが使い勝手も抜群な仕上がりになるのではないでしょうか。
特注家具にもいくつかの種類がありますが、フルオーダーメイドであれば何もないところから家具を形にしてもらえます。
木材や金属などの素材にも拘ることができますし、仕上げも希望通りにやってもらえるので、完成して実際に設置した時に感じられる満足感が違います。
高揚感ともいえる満足感は、市販の既製品の比ではありませんから、愛着が湧きますし数十年単位で愛用することも夢ではないです。
特注家具は機能性についても拘ることが可能なので、例えば引き出しの数や奥行きだったり、取っ手や引き出す動きのスムーズさなどに関しても希望通りに作ってもらえます。
どこをとっても自分が求める限りなく完璧に近い特注家具は、見た目や使い勝手だけでなく、手触りや所有する喜びも一入のものになるといえるのではないでしょうか。

好みや予算に応じた特注家具の見極め方

特注家具はお金がかかるイメージを持つ方もいますが、シンプルなつくりのものなら予算が限られていても予算内で作ることが可能です。
特注家具を作る際に、料金に関することも相談することによって、こだわりたい内容で作っていくことができるようになります。
使う材料によっても費用を抑えていくことができますし、色の塗り方など、しっかりとこだわって作れます。
部屋に隙間ができないように収納棚を作りたい場合も、お金の負担を安く抑えて作ることが可能です。
DIYで作る方法もありますが、うまく作ることができない場合もあります。
作り方にしっかりとこだわっていけるように考えていくことも大事なポイントです。
特注家具の作り方で工程をシンプルにしながら、丁寧に仕上げることができるお店を見つけることで、安く作ることも目指せます。
相談をすると柔軟に対応することができる所を見つけるチャンスがある点にも注目することは重要なので、スタッフに相談することも必要です。

引き出しの数なども調整可能な特注家具

家具は家具店に行くと実際に見て選ぶことができますし、通販ではより多くの種類から選ぶこともできます。
収納家具を選ぶ場合は、収納力の高さも確認しておきたいところです。
洋服をしまうときや、書類の整理には引き出しの付いたタイプが便利です。
既製品のタンスやキャビネットにも引き出しがついていますが、なかなか使いやすいものが見つからないという人もいます。
そのような場合は特注家具で好みに合うものを作ることもおすすめです。
特注家具は完成までに時間はかかりますが、引き出しの数や深さ、幅や奥行きなども好みで選ぶことができます。
既製品では販売されていないような引き出しの数やサイズを選ぶことができ、微妙な調整もしやすいのも良いところです。
特注家具なら、デザインや素材,カラーなども自由に選べますので、他のインテリアと無理なく調和する家具を選びたい人にもおすすめです。
理想の仕上がりにするためにも、希望はできるだけ詳しく伝えておきましょう。

設置や組み立てまでフォローしてくれる特注家具

既製品の家具は完成品で届けられるものもありますが、組み立てが必要なものも少なくありません。
特に通販で購入する場合は、自分で組み立てて設置することが基本です。
安く購入できたものの、その後の設置や組み立て、梱包材などの片付けて苦労した経験を持つ人もいるのではないでしょうか。
その点、特注家具なら設置までしっかりとフォローしてくれるので安心です。
特注家具は、既製品とは違い自分でデザインやサイズ、素材などを指定することができます。
細かな要望まで撮り入れられるのも良いところです。
既製品の家具も、設置や組み立てに対応している場合もありますが、家具の購入費用に別途組み立て費や設置費用が追加されることが一般的です。
特注家具の場合は、家具の購入代金だけではなく、設置や組み立て費まで含まれていることも多くなっています。
大型の家具や重さがあるものは個人での導入は困難になりますが、業者が対応してくれるのは安心感があります。

マンションやアパートでも問題なく取り入れられる特注家具

マンションやアパートというと、内装に手を加えられる部分は限られますし、家具にしても大型なものは購入しても搬入できないといった悩みがあるのではないでしょうか。
その点、特注家具は内装のように自分にデザインや機能を盛り込むことができますし、搬入を前提に設計してもらえるので、家に入らないという問題が避けられます。
分解できる設計で特注家具を作ってもらえば、バラバラの状態で搬入してから組み立てられるので、搬入作業そのものもかなり楽になるはずです。
特注家具にはいわゆる据えつけも含まれますから、家にマッチするものをプロの職人さんに作ってもらうこともできます。
オーダーメイドという意味でも、特注家具は自由度が高くて賃貸マンション、賃貸アパートにも無理なく設置して使えるものを製作してもらえます。
市販の製品だと遭遇しやすい問題についても、設計の段階から回避できるように工夫可能なので、確実に取り入れて使いたいのであれば、オーダーメイドを検討するのが正解ではないでしょうか。

空間をフルに活用できる特注家具の魅力

既製品とは異なり、特注家具は住まいの空間に合わせたサイズ・デザインで作成できるためスペースをフル活用できます。
賃貸住宅では特に、柱をはじめとした構造材が部屋の意図しない場所に来る場合も少なくありません。
壁との間や天井までの高さなど、妙にスペースが出来てしまったり反対に窮屈になってしまったりというパターンは非常に多いです。
こういう時に活躍するのが、寸法やデザインを自由に設計できる特注家具です。
既に設置している他の家具との兼ね合いを調整したり、理想の見え方をする家具の設置方法にも瞬時に対応してくれます。
お気に入りの本棚と高さの揃ったチェストを設置したい、キッチンをアイランド型に変更したいからそれにマッチするダイニングテーブルが欲しいといった要望に応えられるのが特注家具という訳です。
また単独の機能を有した家具はもちろん、複数の機能を備えた家具を作ることも可能です。
大きな本棚にテレビボードも組み込みたい、テーブルにバタフライ機能とワゴンを付随させたいといった願いを叶えてくれることでしょう。

特注家具はどれくらいの耐久性がある?

海外で安く大量生産されたものよりも、特注家具のほうが細部までこだわって作られているケースが多いですし、耐久性が高いものもあります。
職人の腕や技術がとても重要になるため、こだわりをもって作れるようにする事も大事なポイントです。
特注家具の耐久性を知りたい方は、工房に行ってサンプルを見せてもらうなど、丈夫な作りとなっているものを探すことができます。
長く使い続けることができるものですし、オフィスに設置する収納棚など、長く使い続けていきたいものもこだわって作れます。
予算を伝えて、質の高いものを作ってもらうことにより、安心感を持つことができる方はたくさんいます。
こだわり物を丁寧に作っていくことができるようにしっかりと考えていきながら、インターネット通販サイトでの情報収集をしっかりと行うことも大事です。
職人の腕や業者の実績など、気になることを検索をしながら調べていくことができます。
特注家具に注目すると、こだわりたいことを一つ一つ丁寧に決めていけます。

特注家具の取り付けは日程指定ができる?

特注家具を依頼する場合に気になることの1つといえば、取り付けに関する日程の指定ができるかどうかではないでしょうか。
結論からすると依頼者が一方的に指定するのは難しく、希望を伝えてそれに特注家具のお店が対応する形となります。
特注家具は予約を受けて製作に取り組む必要があるので、希望を伺うことができても、応えられるかどうかは別です。
というのも、先約とバッティングする可能性もないとはいえませんし、優先的に製作したり取り付けをしなければいけない案件も発生することがあるからです。
つまり絶対にお客さんの希望通りにはなりませんが、可能な限り希望に応えてくれるのは確かです。
日時を伝えてその通りに来てもらうのが難しいのは、家具を配達する宅配業者も同様ですから、一般的なサイズの荷物と比べて困難ということが分かります。
それが特注家具ともなれば取り付け作業も大掛かりになるので、曜日や時間帯を厳密に守ってもらうのは難しいのではないでしょうか。

特注家具に無垢材を使用するメリット

特注家具には、無垢材を使用すると温かみがあって人気がある素材です。
しかしそれだけではなく、特注家具で無垢材を使用するには多くのメリットがあります。
無垢材は天然の木をそのまま整えて使用しているために、余分な加工がされておらず自然な感覚が嬉しいのが魅力です。
まず一つの魅力は、木の香りを味わえるという点が挙げられます。
美しいフォルムがあるために、木目や色合いも自然の美しさが出るのが魅力です。
ダークブラウンのナットや、不規則な木目をしようする家具などは、同じ製品でも一緒の物はなく、とても趣深いものになるのです。
そして年を経るごとに色の変化も楽しめるために、木材の紫外線の影響で、色味が変化し始めてきます。
色が濃いくなったり薄くなったりなど木材によって変わってくるために、個性を楽しめるのが魅力です。
丈夫で長持ちもするために、一生使用でいる商品を手に入れることができるために、長く使用できるのもメリットといえます。

部屋に統一感を与えられる特注家具

部屋に合う家具が欲しい、でも市販の製品に納得できるものが見つからない時は、特注家具が期待に応えてくれるのではないでしょうか。
特注家具とはいわゆるオーダーして製作してもらうもので、デザインだけでなく質感についても希望通りに作ってもらえます。
市販の製品がどこか部屋に合わないと感じるのは、デザインもそうですが質感もマッチしていないことが考えられます。
しかし特注家具であれば使用する素材と仕上げを注文できるので、部屋に置いても浮かない統一感が実現します。
特注家具を注文する際には、部屋の様子を写真に撮って持参したり、具体的にどういう色味や質感を希望するかを伝えることをおすすめします。
統一感は内装や室内にある他のものとの調和によって生まれるので、製作する職人さんの参考になる情報は多ければ多いほど良いです。
可能であれば職人さんを家に招いて、実際に直接見てもらいながら打ち合わせを行い、理想を形にしてもらうのがベストではないでしょうか。

思い出のアイテムを再活用できる特注家具

特注家具は、思い出のアイテムをアレンジして作ることも出来ます。
新たに既製品を購入してインテリアに合うようなものを選ぶのも良いですが、特注家具で作れば今まで使っていたものから作り出すことも出来ます。
そうする事でより愛着のある家具にする事も出来ますし、長く使う事が出来るでしょう。
インテリアをこだわる時には、見た目や雰囲気というのも重要ですが、大事に出来るものを使う事で思い出を感じることもできたり、愛着があれば心地よくなるというメリットもあります。
特注家具が出来るお店は限定されてきますし、大事なものですのでそれを上手くアレンジしてくれるところを選ぶのも重要なポイントです。
口コミ評判も参考にして、その中からえらんでいき見積もりをだしてもらったり、比較検討をしていくと良いでしょう。
アイテムによっては出来ないところがありますので、先ずは内容を確認してください。
料金の比較だけではなく、仕上がりの口コミもチェックです。

幅広いリメイクを可能にする特注家具

特注家具は、自分の希望のデザインや形状を実現することができるので、思う通りのものを作ることができるのが特徴です。
一般的な家具の場合には様々な理由があり、そのため画一的なものとなることが少なくありません。
しかし、特注家具は注文を受けてから作り始めることがポイントであるため、様々なリメイクなども行うことができるのが特徴となっています。
あらかじめデザインされた基本的な形状に対して、自分の好みのデザインやイメージを取り入れる事は個性的な家具を作る上で非常に重要なポイントとなります。
既製品の場合にはこのような加工を施すことが難しく、また製造会社にその技術がないと言う場合も少なくありません。
これには製造にかかる経費も大きな影響を及ぼしているため、その自由度が少ないのも理由となっています。
特注家具の場合には一つ一つ手作りで様々な要素を取り入れ、依頼主の希望通りに制作することがポイントであるため、様々なリメイクを施すことも可能となっているのが特徴です。

特注家具に関する情報サイト
特注家具を購入しよう

特注家具はたとえば限られたスペースにピッタリ置けるようにサイズを計算したり、好きな木材で製作を依頼した家具のことです。樹齢500年の大木を輪切りして一枚板のテーブルを作ったり、硬くて頑丈な木目の詰まった素材を椅子にするなどの特別な家具を製作してもらえます。 こうした家具屋はノウハウやスキル、素材を仕入れるルートを持っていなければなりません。特注で物を作ることはとても大変なことです。職人の腕やその企業の力を試されることになります。

Search